++文章修行家さんに40の短文描写お題++

+目次+

 00. お名前とサイト名をどうぞ。また、よろしければなにか一言。

 01. 告白
 02. 
 03. 卒業
 04. 旅
 05. 学ぶ
 06. 電車
 07. ペット
 08. 
 09. おとな
 10. 食事
 11. 本
 12. 夢
 13. 女と女
 14. 手紙
 15. 信仰
 16. 遊び
 17. 初体験
 18. 仕事
 19. 化粧
 20. 怒り
 21. 神秘
 22. 噂
 23. 彼と彼女
 24. 悲しみ
 25. 生
 26. 死
 27. 芝居
 28. 体
 29. 感謝
 30. イベント
 31. やわらかさ
 32. 痛み
 33. 好き
 34. 今昔(いまむかし)
 35. 渇き
 36. 浪漫
 37. 季節
 38. 別れ
 39. 欲
 40. 贈り物


                                    ≫≫≫ 配布元:文章修行家さんに40の短文描写お題






 00. お名前とサイト名をどうぞ。また、よろしければなにか一言。

 「normalizing」 乃磨建月(のま・たつき)です。
 気負わず衒わず、マイペースでまったり進めて参ります。のんびりお付き合い下さい。



 01. 告白  【62文字】 

 ―――瞬間、周囲からあらゆるものが吹っ飛んだ。
 爆心地の自分含め、被害者多数。
 落とした彼だけがただ平然と世界を睥睨する。



 02.   【64文字】

 目の前の顔がたちまち生気を取り戻すの見て、彼は一瞬だけ目を伏せた。
 それは薬に似ている。
 使いすぎれば、いずれ身を滅ぼすだろう。



 03. 卒業  【63文字】

 脱ぎ捨てた服を視界の端に見つけて目を伏せた。
 あれは抜け殻。最初から、捨てる為に纏っていた。
 ならば羽化した自分は何になる?



 04.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 05. 学ぶ  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 06. 電車  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 07. ペット  【64文字】

 泣き出した姿を見て連想したのは、近所の犬だった。
 吠え立て、あらゆるものを要求する小さな暴君。頭にあるのは、愛されることだけ。



 08.   【59文字】

 視線を彷徨わせる。
 頬を抱えるように手を当てる。
 唇を噛む。
 それがひとつひとつ違う意味だと気付くのに二年掛かった。



 09. おとな  【61文字】

 煙草。ライター。それを弄ぶ指。挟む指。――その先の唇。
 嚥下される、琥珀色の液体。
 不健康な筈のそれらから目を離せない。



 10. 食事  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 11.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 12.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 13. 女と女  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 14. 手紙  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 15. 信仰  【61文字】

 埃だらけの床の上、跪く老女は動かない。
 熱帯特有の湿った夜の気配が近付く中,、そこだけは確かにローマの空気が充ちていた。



 16. 遊び  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 17. 初体験  【63文字】

 こんな筈じゃなかった。
 打ち拉がれたように呟く女に、溜息だけを返す。部屋は湿っぽく薄暗い。
 明るく美しいのは外のネオンだけ。



 18. 仕事  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 19. 化粧  【61文字】

 支度というよりは儀式。儀式というよりは呪術に近い。
 笑みを作った顔の中、瞳だけがぎらりと光る。
 これは、女の武装なのだ。



 20. 怒り  【65文字】

 さっきから、やけに静かな彼女の手は真っ白になるほど握り締められていた。
 ああ、やっぱり。
 ―――津波の前には凪が来るのだ。



 21. 神秘  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 22.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 23. 彼と彼女  【64文字】

 兄妹か、親子か。さもなければ叔父姪か。
 差ばかりが目立つその姿は、けれど妙にしっくりと場に馴染む。
 初対面だったと知ったのは後の事。



 24. 悲しみ  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 25.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 26.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 27. 芝居  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 28.    【○○文字】

  ********************************
*********************************



 29. 感謝   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 30. イベント  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 31. やわらかさ  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 32. 痛み  【65文字】

 表情は変わらない。口数は元々少ない。この状況では動けない。
 傷口は、ここからは見えない。
 真っ白な顔色だけが、実情を訴えている。



 33. 好き  【60文字】

 一言を伝えるだけで良かった。
 文字にすればたったふたつの音を、唇は言葉にできない。
 けれどそれは意地ですらなく、想うが故に。



 34. 今昔(いまむかし)   【○○文字】

  ********************************
*********************************


 35. 渇き  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 36. 浪漫  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 37. 季節  【61文字】

 外からはやわらかな光。窓を開ければ薫るのは、若草の匂い。
 覗けば灰色に滲む、わずかな緑。
 春は等しく。ビルの街のその片隅にも。



 38. 別れ  【○○文字】

  ********************************
*********************************



 39.   【○○文字】

  ********************************
*********************************



 40. 贈り物  【○○文字】

  ********************************
*********************************





戻る